団地リノベーションの女性世帯における魅力

近年では、古くなった団地をリノベーションし、賃貸物件として提供を行っている会社が増えています。見た目や雰囲気の魅力が高まるため、アクセスの良い場所にあれば、入居者が増えやすくなります。
団地リノベーションでは、部屋の間取りをおしゃれに変更したり、水廻りの機器を最新のものに変えるなど、バリエーションが満載です。敷地内が綺麗で建物の構造が相応に頑丈な場合は、中長期的に快適さを与えてくれます。そのうえ、民間と比較しても家賃が抑えめな所が多いため、シングルで子育てをしている方はもちろん、単身者や女性家族だけの生活をしている方にとっても心強いでしょう。また、退去時の原状回復区分についてわかりやすく説明をしてもらえると、更に良心的な印象を受けます。

団地リノベーション生活で注意すべきこと

家賃が抑えられるうえに、生活面で不自由なことが少ないと団地リノベーション生活は快適な印象を受けます。ただ、入居契約をする前に、リノベーションが可能な部分を確認するようにしましょう。住戸内限定なのか、玄関や窓ガラスなども可能なのか、などは予め管理組合への確認が必要です。建物自体は頑丈なものであっても、築年数が経っている場合は劣化しているケースがあるため、メンテナンス状況も大きなポイントになります。
また、災害が起こることを想定して、自治体の提供しているハザードマップを広報誌やホームページから情報収集しておくと安心です。
団地生活を送るとなると、どうしても同じ敷地内に住んでいるコミュニティーの質や相性が重要になります。駐輪場や広場などの共用部分の雰囲気をチェックするなど、可能な範囲で情報収集を行い、中長期的に生活を送ることが難しいと感じたら契約手続きをストップしましょう。

その他生活をする中で確認するべきこと

団地内のコミュニティーや交通アクセスなどの大きな部分だけでなく、細かな所も確認すると団地リノベーション生活はより送りやすくなります。
住民間のトラブルは、どうしても起こり得ることの一つです。双方の間で解決できる場合もありますが、困難な事態もあるでしょう。他の住人を巻き込むようなケースになれば、団地生活に負担を感じる要因になります。そんなときに気軽に相談できる自治会や管理組合があれば、安心感が高まります。
介護が必要な家族がいる場合は、エレベータやスロープの有無など、車いすでも移動が問題ないかを確認します。バリアフリーな部屋の構造だと、快適な住生活を送りやすくなります。

ピックアップ記事

団地リノベーションでルームシェアもあり

ニコイチをはじめ、ルームシェアの用途で団地リノベーションを行っているケースもあります。プライバシーを確保された個の部屋があるため、たとえ女子学生や社会人同士で生活を送る場合でも、快適な生活を送れます。...

子育て世帯向けの団地リノベーション

子育て世帯向けの団地リノベーションを行うと、より快適な生活を送れることが見込めます。古い物件や内装である場合、住生活を送るにあたりどうしても快適さを期待することはできません。そこで、明るく開放的なデザ...

ニコイチ団地リノベーションの魅力

団地リノベーション生活を送る方法の一つで、ニコイチを設けている場合もあります。ニコイチとは、既存の間取りの構造を変え、隣り合う二つの部屋を一つにすることです。部屋内部の配置だけでなく、通り庭の設置など...

フリーレントの団地リノベーション生活とは

団地リノベーション生活を送る中で、フリーレント制度を設けている会社があります。入居契約完了後、一定期間は家賃が発生しないというシステムです。期間は概ね3か月以内ですが、費用を抑えられる点は大きな魅力で...