子育て世帯向けの団地リノベーション

子育て世帯向けの団地リノベーションを行うと、より快適な生活を送れることが見込めます。
古い物件や内装である場合、住生活を送るにあたりどうしても快適さを期待することはできません。そこで、明るく開放的なデザインに自分なりにアレンジすることで、住まいの魅力を高められます。壁一面を、子どもが作ったフィギュアや工作の収納スペースにする方法もあるでしょう。また、壁を黒板にすることによって、落書きなどを行える遊び場として活用することが可能になります。また、コック版を掲示板として活用することで、家族間でコミュニケーションを図れる要因にもなります。
屋外に大きな中庭や樹木があると、自然環境にも良いだけでなく、遊び場としても活用できるため子どもの情操教育にも繋がります。

団地での子ども同士のコミュニティー環境

団地リノベーションを活用してコミュニティーの場をつくると、家族間の楽しみだけでなく、子ども同士の遊び場にもなります。
例えば、内庭を土間にして気軽に遊べる環境をつくれば、団地内の子ども同士で楽しい時間を過ごせるでしょう。小さい子どもなら保護者の付き添いは欠かせませんが、広場であればママ友同士で見守りが可能です。見守りながらママ同士同じ時間を過ごすことで、団地間での仲間意識も高まるでしょう。
バルコニーがあれば、小さな遊び場としても活用できます。公園などに行かずとも植物を観察したり、屋外の日光や風を浴びながら過ごせるのは贅沢と言えるでしょう。ただし、上階の場合は落下事故の恐れがあるため、保護者は子どもから目を離さないようにする必要があります。

補助金が得られると負担軽減が図れます

シングルや若年層の子育て世帯など、団地リノベーション生活を送る際、家賃をはじめ毎月の生活費だけでも相当な負担になります。自治体によっては、家族間収入や家賃の金額に応じた補助金制度を設けている場合があります。負担軽減が図れるうえ、子育てなど他の部分に費用を充てることが可能です。申し込み期限や補助金が受けられる期間や条件はそれぞれで異なるため、自治体で確認すると良いでしょう。契約前に管理組合に相談をすると教えてもらえる場合があります。
ただ、税金を滞納中の場合など、条件によっては受けられないケースがあります。補助金を振り込まれた後に資格喪失要件が発生した場合は、返還を求められます。適用条件を確認したうえで、申請をする必要があるため注意してください。

ピックアップ記事

団地リノベーションでルームシェアもあり

ニコイチをはじめ、ルームシェアの用途で団地リノベーションを行っているケースもあります。プライバシーを確保された個の部屋があるため、たとえ女子学生や社会人同士で生活を送る場合でも、快適な生活を送れます。...

子育て世帯向けの団地リノベーション

子育て世帯向けの団地リノベーションを行うと、より快適な生活を送れることが見込めます。古い物件や内装である場合、住生活を送るにあたりどうしても快適さを期待することはできません。そこで、明るく開放的なデザ...

ニコイチ団地リノベーションの魅力

団地リノベーション生活を送る方法の一つで、ニコイチを設けている場合もあります。ニコイチとは、既存の間取りの構造を変え、隣り合う二つの部屋を一つにすることです。部屋内部の配置だけでなく、通り庭の設置など...

フリーレントの団地リノベーション生活とは

団地リノベーション生活を送る中で、フリーレント制度を設けている会社があります。入居契約完了後、一定期間は家賃が発生しないというシステムです。期間は概ね3か月以内ですが、費用を抑えられる点は大きな魅力で...